大峯高野街道について

洞川から中越に下り天ノ川に沿って下流へ、大塔村から十津川の支流の中原川の谷をさかのぼって高野山に至る道は、大峯山と高野山の二大聖地を結ぶ高野街道(大峯街道)、高野大峯街道(大峯高野街道)などと呼ばれ修験道の道として、和歌山方面からの山上参りの修験者や吉野、大峯、高野山へとめぐる巡礼の人たちの往来で大いに利用されました。この街道の洞川と川合の間にある峠が「」